【スマブラSP】パルテナ対策

ゲーム

最終更新:2021/02/23

【スマブラSP】全キャラ対策メモ | ITeacher_雑学ブログ (iteacher0000.site)

上の記事に全キャラ分まとめていく。
ある程度量を書いたキャラは個別の記事にも書く。内容は同じ。
更新がある場合両方を更新予定だが上の全キャラ対策メモを優先して更新
※個別の記事だけ更新されてないことがあるかも。

前提

★掴み以外のガーキャン択は弱い
★空中での暴れはほぼ通らない
★復帰阻止は崖つかまりに技を置いとくor崖上に戻りながら技を出す感じで浅めに積極的に

◆ゲームメイク
差し合いで相手の好きな行動を覚えておくこと。2スト目以降はそれを基準に読み合いを行う。
早期撃墜される択はあまりないが火力で差をつけられがちなので撃墜拒否に意識を割くこと。
崖端後ろ投げされる状況などでなければスマッシュも積極的に使い撃墜レースで並ぶこと。

●差し合い

・空中の置き技はジャスガしてもリターン取りずらいためしっかりガードすること意識
・技をガードした後は空Nが漏れで食らうため距離を取る
・ジャンプを先出しで落とすことを意識する
・空Nはガードしなければ反撃取りやすい
・NBはガードが丸い
・横Bはガードが丸いが、漏れるリスクもある
・あてに来る横Bはダッシュやジャンプから重めの反撃も可能
・置きの横Bは空中機動ないキャラは反撃が難しい
・技を当てる際は最低空、リーチ先端、めくりながらを意識する
・ガードお見合い時は、前か後回避で掴みの範囲から逃げること優先
・互いに背中でガードお見合い時はガード解除反転掴みがわりと通りやすい
・相手が背中、自分正面のガードお見合い時は即掴みが通りやすい
・掴みにその場回避を合わせられても反撃が安くすむことが多い
・崖端120%程度から後投げ撃墜
・追撃の空後や空Nが痛いので上外ずらし、ベク変を心掛ける。
・ライン回復時、上スマに注意

●技対策

・空中技 引きながら技を出すことが多いためガードしてしまうと反撃が難しい
     引きステップから深めの反撃を心掛ける
・弱   ガードしたりくらってすっぽ抜けたりすると、1段で止めてもういちど振ってきたりする。
     動けるようになったら後ろ回避などで距離を置くこと
・下強  ガードしてしまうと反撃がかなり難しい。
     自キャラがライン詰められた時に振ってくるのでガードしたら反撃よりライン回復優先。
・DA   ガード硬直差20 上半身無敵あり。姿勢も少し低くなるのでガードしたら反撃は掴みで妥協
     着地狩り、自キャラ撃墜帯で振ってくる。持続も残るので注意。無理に反撃狙わず付き合わない方が良い。

●自キャラ撃墜%

・崖端後投げ、横B、DAを特に警戒
・掴みを嫌がってその場回避をしたところにスマッシュが飛んできやすい。崖端後ろ投げ以外は掴まれていい。

●相手キャラ撃墜%

・その場回避スマッシュなどを強気に振って良い
・自キャラスマッシュの後隙に相手のスマッシュなどは間に合わないことが多い。
・せめてガードさせないとリーチ負けしてスマッシュ食らうこともあるので相手のラインの余裕に注意

●自キャラ着地

・暴れはNG
・追撃の空上はかなり早めに回避入れないと間に合わない
・DAに対して移動回避しても着地隙にまたDAが来るので急いで着地→ガードを意識する
・めくりの揺さぶりに対しての両対応下スマも危険
・崖に行くのが一番丸いかも

●着地狩り

・わりと全方向に対して暴れられる
・暴れ技を誘って後隙を狙うと良いかも
・台有りステージでは台へ上Bしがち、一点読みも有効

●自キャラ復帰

・NB、横Bによるジャンプ潰しを警戒
・空下メテオ、置き空N、どちらも食らうと致命的
・落下速度早いので、下から復帰に対して予想以上の速度で攻撃が飛んでくるため注意
・上スマが崖掴まりに当たるのでタイミング単調にならないように注意

●復帰阻止

・崖掴まりにあたるように、そして自キャラも崖上に上がるように技を振れると最適
・深くまで行っても狩りづらいので注意

●自キャラ崖上がり

・後投げ撃墜圏内での回避上がりは致命的。貪欲に狙ってくるため注意
 非撃墜%時に多めに回避上がりを見せることで撃墜%時にその場やジャンプを通りやすくするのもあり
・掴まりっぱに下強や上スマあたるので様子見はほどほどに
・攻撃上がりに対してガードさえさせればそこまで重い反撃はない

●崖狩り

・その場上がり掴み、崖離し空Nからの掴み、ジャンプからの空後を狙ってくる
・ガードなどでその場上がり掴みを誘って後隙を狩れるとおいしい

コメント

タイトルとURLをコピーしました