『原神-gensin-』プレイレビュー!ゼルダBotWのオマージュ作品だがかゆい所が多すぎる!

ゲーム

皆さんこんにちは、ITeacherのkaiです。

今回の記事は動画でも似たようなことを話しているのでお好みの方をご覧ください。

【原神】プレイレビュー!良作だがかゆい所がありすぎて満足度が低いかもTT

【原神】プレイレビュー!良作だがかゆい所がありすぎて満足度が低いかもTT

最近『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がいろいろと話題になってきておりますね。
新作やバグ、そしてオマージュ作品。
そして今回お話する原神もそのオマージュ作品の一つになります。

原神は、中国のデベロッパーmiHoYoが開発・公開している無料のアクションロールプレイングゲームです。
無料で公開されている上に、PC、スマホ・タブレット、PS4、Nintendo Switchなど多くのプラットフォームでプレイ可能(任天堂スイッチは未実装)で、クロスプラットフォームプレイに対応しております。
ただし、ゲーム最初の開始時にプレイするサーバーを選択するのですが、同じサーバー(日本人であればAsiaサーバーが多いかな?)でなければ一緒にプレイできないので注意が必要です。
またマルチプレイは探索面でできることは少なく、主にダンジョンの攻略や周回がメインとなりそうです。
またクロスセーブに対応している(同じデータで他端末で遊べる)のはPCとスマホ・タブレットだけですので、そこも注意です。

オープンワールド、戦闘や探索のアクション、属性(元素)やその仕様(属性同士や地形との作用など)、ダンジョン要素などシステム面がかなりゼルダの伝説BotWに近いです。
ゼルダをオマージュしているというのは公式の発言なのですが、ここまで仕様が近いと新鮮さには欠けると思います。

しかしストーリーやキャラクターの作りはかなり作り込まれており、すぐに飽きがくるということはないでしょう。
セリフもフルボイスなので声優オタクやゲームのストーリー重視の方もハマりやすいかと思います。
また、キャラや武器をガチャで入手することも可能なので、課金で楽をすることも可能です。
ただ、ガチャで強いキャラや武器を手に入れずともそれほど苦労することもないそうなので、ガチャ要素で苦悩することはないでしょう。

と、ここまで特徴を述べているととても神ゲーに感じるのですが、実はこのゲームがなかなかに癖があります。
中国のデベロッパーだから日本人になじまないだけという可能性もありますが、UIや操作方法がちょっとあまり良くないです。
ゲームをプレイしていて都度ストレスを感じてしまいます。かゆいところに手が届くどころかかゆい所がどんどん出てくる感じですw
もちろん慣れれば良い話ではありますが、操作の慣れやすさはゲーム実プレイにおける満足度に大きく影響すると思います。
なんというか、日本製ゲームにおける細かいユーザへの配慮が足りないなと感じてしまいます。

ただ、のゲームはまだまだ完成ではなくアップデートを続けていくとのことです。
ですので細かい修正やボリュームの拡張がまだまだ期待できるゲームです。

悪い点も書いてしまいましたが、間違いなく良作だと思いますので、気になる方は無料かつ多数のプラットフォームでプレイ可能ですので、ぜひ試してみてください。

さらば@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました